大阪で活動するL'Arc〜en〜Ciel(ラルクアンシエル)コピーバンド tout blanc(トゥブラン)

voice── メンバーの日記?! ──

【-】
スポンサードリンク   2016/03/13(Sun)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

雑記
alto   2013/10/11(Fri) 03:13
仙台観光!(前編)
JUGEMテーマ:旅行

真夜中にこんばんは、altoです。

前回LIVEが終わってから
なんやかんやとありまして
33分探偵、好きでした( ̄∀ ̄))
久しぶりの日記となりました。

その間は
メンバーとバーベキューしたり
栗拾いに行ってみたり
この前の週末は仙台に行ったり…
(つまり、遊んでましたw)

どれから書こうか迷ったのですが
記憶が新しい仙台旅行のお話から書きたいと思います。
#完全にただの日記ですが、宜しければお付き合い下さい。

LIVEレポちゃうんかい!と思った方、
しばらくお休みしちゃった分、またサクサク更新していきますので
もう少しお待ち下さいm(_ _)m
#思い出します(笑)

========

仙台旅行のきっかけは、
東北に住むお友達への誕生日プレゼントを考えていて。

昨年のハロウィンの手作りケーキなどは
この日記でも紹介したことがありますが
お互いラルク好きなこともあり
ホント、何かと仲良くしてもらっています。

そんなお友達に何を贈れば喜んでもらえるか…
サプライズになるようなものは無いかなぁ…
そうだ、会いに行ってお祝いしよう!
ついでにラルカラをしよう!←

…と言う訳で、お誕生日に合わせて一緒に旅行することにしました。

そして迎えた当日。
天気予報は雨。
せっかくの旅行なのに、一度も青空が見られないのは残念だなぁ…と思っていたら見れました。

飛行機から(笑)

青空

こんな真っ青な青空、久しぶりに見ました。
本当はもっと大きなサイズで撮影しているので、さっそくPCの壁紙にしました(笑)
#欲しい方はaltoまでどうぞ( ̄∀ ̄)

仙台へは数年前に仕事で来た事があったんですが、観光は初めて。
なので、初心者らしいプランを目指したんですが…

【1日目のスケジュール】
・仙台城(青葉城)跡見学
・牛タン堪能
・松島周辺観光
・サンマのお造りを食べる←飛び入り
・ラルカラ
・お誕生日祝い


気づけばよくばりプランに(笑)
お友達とは仙台駅で合流。時刻は午前10時。
(これでも頑張って早起きしました(p_-))
ここから14時間以内に全てのスケジュールをこなすべく、早速仙台城跡へ向かいました。


■仙台城(青葉城)跡見学
青葉山に建てられた仙台城跡には、仙台駅から路線バスで30分ほどで到着しました。

江戸期の建築物は全て失われたそうですが、
本丸の跡地に建立された護国神社や再建された伊達政宗像が出迎えてくれました。

政宗像

無事に写メったところで気づいたのが、地元の観光ボランティアの存在。
最近では珍しく無くなってきましたように思いますが
何となく、仙台の観光ボランティアの方々はアットホームな雰囲気でした。

「この石垣を見ずに帰ってしまう人が多いんですよ」
と他の観光客への説明を耳にし、政宗像の建つ、見晴らしの良い場所から下を覗くと見事な石垣が。

ここはちゃんとカメラで撮るか〜…と持参したデジカメを構えていると
「見事な石垣でしょう!」
先程の観光客への説明を終えた観光ボランティアの方が声を掛けてくれました。

せっかくなのでと、その石垣を背景に写真をお願いしたら快く引き受けてくれたので
カメラを渡そうとしたら
「ここじゃなくて、あそこから撮らないと!」と石垣の下を指差しました。

ぐるっと回れば数分で降りられるのですが、
そこまでして下さるとは思っていなかったのでビックリです。

これがその石垣。角の”ピシッ”感が素晴らしい!
石垣

移動中も、伊達家の系譜や仙台城の歴史から、
石垣には数多くの刻印があり諸説はあるが建築に携わった証に当時の作業者が残したと考えられていること、
そしてその刻印が、翌日は小学生のレクリエーション(クイズ)に使われること、
さらにそのレクリエーションの説明を、そのボランティアの方が担当していることまで
それはもう色々と(笑)

そんなアットホームな雰囲気で歴史をお勉強した後は、
「腹が減っては戦が出来ぬ!」
と政宗に倣って(言ってない言ってないw)牛タンを目指して歩を進めました(笑)


■牛タン堪能
目指すは、仙台城の一角の商業施設にある「伊達の牛たん」。
仙台有数の牛タン専門店のひとつです。

牛タン1

今では、これまた仙台の名店「利久」が大阪エキマルシェに出来るなど
大阪でも本場クオリティの牛タンが食べられるようになりましたが、
やっぱり仙台に来たら牛タン食べなくちゃね( ̄∀ ̄)

ここでは、「塩仕込み」「味噌仕込み」二つの味の牛タンが頂けます。
altoはスタンダードな「塩仕込み」の定食をチョイス。

定食には麦ご飯とテールスープがついてきます。
牛タン2
写メのクオリティは今ひとつですが…
いやー、美味しかったです。満足(´∀`)

腹ごしらえも終わった所で、松島へ(バスと電車を乗り継いで)いざ出陣です。


■松島周辺観光
松島へは、仙台から電車で40分ほど。
今春から全国の交通系ICカードの相互利用サービスが始まったので、
仙台でもPiTaPaが使えちゃうんですよね。便利!

松島には、松島水族館などの観光スポットもあるのですが
円通院や瑞巌寺を見て、遊覧船で松島巡りという渋いチョイス。

いずれも政宗にゆかりがある寺院らしいのですが、円通院は庭が美しかったです。
モミジがたくさんあって、紅葉の頃は絶景だろうなと思います。

円通寺1
#ニャンコはaltoの代理ですw

ゆっくりとした時間が流れる空間を静かに感じながら散策…と思っていたら
「ほら、写真撮ってあげよう」の声。
振り向くと「勝手にボランティア」の名札をしたオジサマの笑顔が。

「こっちこっち、ここで撮らないと」
「そうしたら景色が見えないから、そうそう、その位置」
「はい撮るよー!ルート4は?
ぇぇええ!?…に…2?
パシャ

…もう、本当にアットホームです(笑)
撮って頂いた写真は、ちょっと恥ずかしいほど満面の笑みでした。
有難うございました!

これがその撮影スポットのひとつ。見たことがあるような気がします。
円通寺2
手前の椅子に座るのではなく、
小屋の後ろに回って円形の窓の両側から覗いているのを正面から撮ると
庭を背景に素敵な写真が撮れます。

続く瑞巌寺では「仙台四大家展」なるものが開催されており、普段は見られない建造物や絵画などが公開されてました。
特別、歴史に興味があるという訳では無いのですが、せっかくの機会なので行ってみることに。

道中は、階段も多かったです。
この日は久々によく歩きました。
階段

陽徳院御霊屋(寳華殿)。政宗の正室、愛姫の墓所だそうです。
ほうげでん

ほうほう、と政宗の歴史に触れつつも
トンネル

「ここ、Kenちゃんだったら頭ぶつけそうだよね」
と、気づけば虹トーク(笑)

そうして瑞巌寺を後にし、参道を抜けると、いよいよ松島の海岸が見えてきました。

松島と言えば日本三景、松尾芭蕉。
松尾芭蕉と言えば俳句だよね。
そうだ、旅の記念に一句読んじゃう?
俳句はレベルが高いから、ここは川柳にしとこう。

なんて旅行前から話していたんですが、いざ松島に到着すると
「・・・へへへへへ」
そんな、いきなり読めるもんじゃないですね( ̄∀ ̄)という訳で宿題にw

見渡せば、
海に浮かぶ島々
飛び交うカモメ
出航する遊覧船

…え?出航!?

思っていたよりものんびり寺院巡りをしたため、気付けば最終便の出航時間(16:00)を過ぎてしまっていました。
…ちーん(゚ロ゚)…

#長くなったので、一旦ここで終了します。続きはまた週末に☆
(LIVEレポに辿り着くのはいつ!?笑)
 
【-】
スポンサードリンク   2016/03/13(Sun)
スポンサーサイト

QRコードで携帯版に
簡単アクセス!